sudoken Blog

Kaizen PlatformのCEOのブログです

熱狂が生みだす価値

今日、プレスリリースさせていただきましたが、

弊社KAIZEN platformは2/1より元Googleの小川さんをカントリーマネージャーとして、

GREEの瀧野さんをプロダクトの責任者として迎えることになりました。

 

KAIZEN platform社の新カントリーマネージャーに元Google 小川淳氏 プロダクト責任者に、元GREE 瀧野論吾氏を迎え、国内事業を加速 - KAIZEN platform Inc.

 

お二人をはじめ、2月〜3月でKAIZEN platformでは17名の新しいメンバーを迎えます。

今から一緒に仕事出来ることに、とてもワクワクしてます。

 

2月で本格始動してから半年が経ちました。

きっと外の人から見れば、わずか半年という感じでしょうが、

当事者からすると色々なことがありまくったのに、まだ半年しか経ってないの?

というのが実感値です。

 

我々KAIZEN platform社は、

今までのところ爆発的な成長を遂げております。

よく聞かれるのは 、なんでこんなことが実現できたんですか?

ということです。

 

まだ何も実現できてるわけではないので、答えるのすら恥ずかしい質問なんですが、

一番こだわってきたのは、チームの熱狂です。

 

情熱を燃やせるテーマを事業のセンターに掲げ、

刺激をビリビリ与えてくれる仲間だけを求めて採用を続けてきました。

 

特に僕自身は、周囲が引くくらい仕事が好きです。

本気で議論しようと思うと、

あれだけ働くリクルートの中でも浮いてしまうことも度々ありました。

どっかでセーブしないと当然上手くいかないので、

コントロールしながら仕事をするようになっていました。

 

今は、全く手加減することなくぶつかれる仲間がいます。

僕以外のKAIZEN社のメンバーもどこかおかしな人が集まっています。

各社でエース級だった人が集まってきてるわけなので、皆さんとても優秀なんですが、

何よりも仕事に対する溢れんばかりの情熱を持っている人が来てくれています。

 

不思議とこれまで毎月実施しているロングミーティングは白熱します。

我々の会議はゲストが沢山来てくれます。

・入社前の人

・別に入社を決めてはいないけど、興味を持ってくれてる人

・我々がスカウトしたい一緒に働きたい人

そんな人々に、どんな格好悪い情報もさらけ出しながら皆で会話をします。

もちろんゲストにも意見を聞きます。

 

会をおうごとに人数が増え、

1月は25名でガッツリとプロダクトの戦略や今年のKPIなどを議論しました。

このMTGに出てもらうと不思議と皆入社してくれるという

リクルーティングの場にもなっています。

そして、この場の熱に、僕はこだわっています。

これにこだわり続けたことが、一つ確実に今のKAIZENをつくっていると思います。

 

僕は、熱狂の持つ力を信じています。

熱狂の生み出す価値を信じています。

言葉にすると薄っぺらくなるんだけど、いいチームには必ず熱があると思います。

情熱は情熱を引き寄せますし、

困難に向き合っても、仲間がいるから強い気持ちでいられます。 

その熱は、必ずクライアントやグロースハッカーや全てのステークホルダーに、

プロダクトやサービスを通じて伝播し、

いい影響を与えてくれるものと信じています。

そして、この熱をいかに育てて行けるか?がCEOとしての僕のトップアジェンダです。

 

世界をKAIZENするのが我々のミッションです。 

今日また、それに向けた新たな一歩を踏み出しました。

是非、また応援のほどよろしくお願いいたします。

広告を非表示にする