読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sudoken Blog

Kaizen PlatformのCEOのブログです

遺言

本日を持って10年間お世話になったリクルートを最終出社となりました。

振り返れば、本当にステキな10年間を過ごさせて頂きました。

全ての方に感謝しています。

 

リクルートでは、退職することを卒業するといいます。

今日も、送別会ではなく卒業式を一緒に働いていた仲間にやってもらいました。

卒業証書も頂きました。

そこで、最後に見送ってくれたみんなへのメッセージをリクルートで働く全ての人へ

僕の遺言として伝えられればと思います。

 

「本日は、ありがとうございました。

皆さんへ感謝の気持ちを込めて、リクルートでこれからも働き続ける皆さまに

伝えておきたいことがあります。

 

10年間と長いようで短いリクルート人生の中で、

後半は自分でも驚く程、出世してしまいました。

 

GMやエグゼクティブになる前の僕を知ってる方はご存知の通り、

僕は自由を愛する”ちゃらんぽらん”な男です。

とても、重責を担えるような人間ではなかったですし、

そもそも、チームで仕事をするのが苦手でした。

 

そんな僕がなんとか、こうしてやって来れたのは

2つのことを大事にしていたからです。

 

1つ目は、夢です。

青臭い話になりますが、リクルートはやっぱりというか

どこか大企業になってしまっています。

完成されてしまった高収益の事業だけでは、今後の事業成長に必ず陰りがくると思っていました。

 

なので、既存の事業より収益性は低くても、同業界では収益性を高く保ちながら、凄い勢いで成長する事業をつくりたいと思っていました。

そして、事業は人です。

凄い勢いで人が成長する事業をつくりたいと思っていました。

 

これが私の夢でした。

なので、一緒に仕事してくれた皆さんは僕の夢です。

いつも、この夢が身分不相応な期待に応える原動力でした。

 

2つ目は、仲間です。

なんのことはない。

僕の夢は、一人では絶対に実現できないことは明らかです。

 

一緒に成長してくれる仲間が絶対に必要でした。

そして、いつも苦しい時に横を見れば一緒に苦労してくれる仲間がいました。

このことが、どれだけ勇気づけてくれたかわかりません。

 

皆に伝えたいのは、”夢”と”仲間”を大事にして欲しいということです。

とても陳腐な事なんですが、ずっと大切にしてきました。

それがあれば、どんな苦難も乗り越えられます。

何かの縁で、幸運にもこうして一緒に仕事しているので、

この仲間と実現したい”夢”を持って欲しいです。

そして、その夢を実現する”仲間”を持って欲しいです。

 

わかりますよね?

この2つはセットです。

そして、この2つこそが仕事を最高のものにしてくれる真に大事な要素です。

 

僕が今一番心配していることは、

皆さんが優秀だということです。

だから、つい一人で仕事をしている気になってしまうことです。

 

それは、間違っています。

能力やスキルで仕事をしていると思ったら、

とたんに仕事はつまらなくなってしまいます。

 

我々は、

人が

人のために

人と共に

仕事をしているのです。

 

だからこそ、”夢”と”仲間”を大事にして欲しいと思っています。

ライバルや競合も

お客さまも

パートナーも

アルバイトも

”仲間”になりえます。

 

そして、”夢”と”仲間”を大事にすることで、普通の毎日の仕事はドラマに変わります。

僕は、この会社で沢山のドラマを経験しました。

全てはみなさんに経験させて頂きました。

 

僕自身は、ここにいる皆さんが”夢”であり”仲間”でした。

ぜひ、皆さんにも日々の当たり前の仕事の中に

”夢”と”仲間”をつくって頂きたいと思います。

 

今後もリクルートは、いつもドラマのある会社で有り続けて欲しい。

強く、そう願っています。

それは、今こうして僕を見送ってくれる皆さんにかかっています。

ずっと

永遠に

期待しています。」

 

 

これが、一緒に仕事してくれたメンバーへの僕の遺言です。

最後に、僕が大好きなサザンの曲で締めくくりたいと思います。

 

旅姿六人衆 

作詞:桑田佳祐 作曲:桑田佳祐

毎日違う顔に出逢う
街から街へと
かみ締めてる間もないほどに
喜びや夢ばかりじゃない
つらい思いさえ
一人きりじゃ出来ぬ事さ
ここにいるのも
お前が目の前にいるならいい
ステキな今宵を分け合えりゃ
また逢えるまでは この時を
忘れないでいて

 

10年間本当にありがとうございました。

そして、願わくばこれからも、変わらない付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

 

2013/5/15

須藤 憲司 

 

広告を非表示にする