読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sudoken Blog

Kaizen PlatformのCEOのブログです

経営に関するオススメの本

先週は、まさに経営に関する研修がありました。

朝8時半~夜10時まで、びっしりの極めて濃厚な研修でした。

で、毎度思うことは、

経営は想像以上に精神的な強さを問われるということ。

 

なんで企業の経営者が精神論が好きか、がとてもよくわかります。

実際にそういうシーンに直面し続けるからです。

 

今日ご紹介するのは、そんな時に何度も読み返した本です。

 

まず、世界観を変えよ――複雑系のマネジメント

これは、現在私のメンターを担当いただいている役員に教えていただいたのですが、本当によかったです。 

経営やリーダーとなる人に、おススメです。

僕は、あまりにもぶっ刺さりすぎて、私の組織ではGMに全員読んでいただいた本です。 

非常に本質を捉えた本だと実感を伴って感じました。

今まさに経営に携わっていらっしゃる方々は、共感いただけるのではないでしょうか?

 

 

企業変革力

こちらも一昨年に研修で読んだ本なのですが、非常に示唆にとんでいます。

読んでいない方は、ぜひ。

経営者というよりは、変革リーダーのための本です。

 

 

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

これは、言わずもがなですね。

名著と呼べる本だと思います。 

ボロボロになるまで読みました。

新規事業に携わる経営者やリーダーはぜひ!

 

 

V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)

はじめて、経営に携わる人にオススメです。

非常にリアリティのあるシーンの連続に、何度も読んだのに唸ってしまうほどの”あるある感”。

なによりもめっちゃモチベーション上がります。

 

 

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

これは、自分の次元や目線を引き上げてくれた本です。

いい事業をつくるために、自分はどんな貢献が出来るのか?考えさせてくれる本でした。

未来のために今自分には何ができるか?

この問いがいつも自分の目線を引き上げてくれます。

 

特に、いつか未来の経営者にバトンを引き継ぐという時にどのような状態で引き渡せるか?を意識すると自分の関われる時にどれだけのことを実現できるかを一意専心考えられるようになりました。

すると、しがらみや問題についてクリアに見えてくることが非常に大きかったです。

 

 

というように僕自身も日々勉強の連続ですが、経営に携わる皆さん、あるいはいつか経営に携わる皆さんにオススメの本でした。

 

 

※今回の研修で読んだ本も非常に参考になりました

Executionについて体系的に書かれた良著でした

 

経営は「実行」〔改訂新版〕

広告を非表示にする